新製品とCMの関係


新製品とテレビCM

現在、さまざまな情報をマスメディアで知ることが主流になってきています。
その中でもテレビを通しての影響力は日本人にとって絶大なものになってきています。
テレビを通して知り、テレビで見た内容が話題になることが非常に増えてきています。
今その影響力を利用し、多くの企業が売込みを図る新製品をテレビの宣伝を通して広く伝えようとしています。

テレビを使う宣伝手段もさまざまです。
番組のスポンサー、番組内での実演販売などもありますが、やはりテレビCMが主流になっています。
企業も視聴者の心に残るCMを届けるために力を入れています。
CMを見た一般庶民の購買力を上げるためにどのような一言を伝えるか、また売り込む手段や起用するタレントなど幅広く検討することがあります。
また、CM制作費やテレビ局に支払うCM放送料など多額な予算も発生するので、十分に準備して流していく必要があります。

そのために多くの企業が、CMを作成する時に広告代理店とCM制作会社を利用しています。
広告代理店を通じて企画した内容を元に、制作会社において作成されます。
約15秒~30秒のCMの中が日本全国民または地方全住民に印象を与えるCMになった時の影響力は絶大なものがあり、長年にわたり続いていきます。

今の時代、新製品を売り出す企業にとって、テレビCMは欠かせない広告媒体となっています。
時代をとらえた分かりやすい内容で、私たちの印象に残るCMを今後も期待しています。